退職金 看護師

看護師の退職金

看護師の退職金は、病院の規模や継続年数によって異なりますが、勤続3年以上から支給されることが多いようです。

 

おおよそですが、大卒8年めの30歳の人で40〜50万円、その10年後の40歳では300〜400万円、定年まで働いた場合は約3000万円ほどです。

 

また病院によっては、最終的な月収×(勤続年数ー控除年数)×功積倍率という算出方法と使ったり、勤続年数×1万円というところもあります。

 

このように、退職金制度は医療機関ごとに様々ですので、転職の際にはきちんと確認することが必要です。

 

中には退職金制度が無い場合もありますが、やはり退職金があることで仕事への意欲も増しますし、長く勤めようという気持ちにもなります。

 

しかし、いざ病院側に退職金システムについて聞こうと思っても、具体的な金額までは聞きづらいものです。

 

そんなとき、看護師求人サイトなどに登録して、人材紹介会社を介していれば、このような聞きづらい話も代わりに聞いてもらうことができます。

 

それだけではなく、希望がある場合は交渉まで行ってくれますので、効率的に転職活動をすることができます。

 

気持ちよく転職をするためにも、看護師求人サイトの利用がおすすめです。