夜勤専従看護師 子育て

看護学科のある大学や専門学校は年々増えるのに、現場の看護師が一向に増えない理由は?

看護学科がある大学や専門学校は、昔に比べるとかなり増えています。
その点だけみても、それだけ多くの方が看護師の資格を取っている事になりますから、
看護師不足が解消してもよさそうなのに、と思ってしまいます。
でも、看護師不足は一向に改善される傾向がありません。
その理由の一番は、やはり職場環境だと思います。

 

看護師というのは女性が多い職種なのに、女性が働きやすい環境の職場が少ないと思うんです。
女性というのは、妊娠や出産があります。
これが男性との大きな違いです。
妊娠中は、力仕事はキツイものですし、不規則な仕事を続けている事で、切迫流産をしてしまう方も少なくありません。
それに、出産した後は子育てがあります。
子供が小さいうちには、子供に合わせた働き方をする必要がありますから、なかなか思い通りに働く事ができません。
夫や家族など、いくら協力的だとは言っても、やはり家庭の中での女性の役割が大きいものです。(=Q=j
そのような環境を理解してくれている職場が、まだまだ少ないといった現状です。
例えば、子育てをしながらでも安心して働く事ができるように、院内保育園が設置されていたり、
家族寮や母子寮などの福利厚生が充実している職場があれば、仕事を辞める必要もないと思うんです。
でも、そのような職場はまだまだ少なく、地方に至っては民間の保育園の受け入れも悪いので、
仕事と育児の両立はかなりハードになります。
子育てをしている看護師というのは、一番バリバリ働く事ができる年代です。
そのような年代の看護師が職場から去ってしまうと、新人の看護師に負担がかかってしまいます。
最も期待できる中堅の看護師が働きやすいような職場環境を作る事で、看護師不足が改善できるのではないかと思います。(^=O)